「砂クリーンAg+」は分解や溶け出すことはなく抗菌効果を持続しますが、風で吹き飛んだり、子供の持ち出しで目減りして、その効果を十分に発揮できなくなってきますので、定期的に補充することが必要です。
砂場の条件によっては「砂クリーンAg+」の投入量やメンテナンス方法が異なりますので、お問い合わせください。
なお、簡便な砂場の菌数検査も出来ますのでご相談ください。
抗菌効果は、
大腸菌、黄色ブドウ球菌、アオカビなど、様々な細菌や真菌に対して効果を発揮します。
また、野鳥のフンに含まれるウイルスに対しても効果が期待できます。
(「抗菌」とは、菌を積極的に分解していく殺菌効果ではございません。)
広範囲の細菌・カビへの抗菌効果
幅広い細菌やカビに対し発揮される銀イオンの抗菌効果
@細菌類

・グラム陰性菌
 (大腸菌、サルモネラ菌、O-157など)
・グラム陽性菌
 (黄色ブドウ球菌、MRSAなど)
A真菌類、l酵母菌類

・真菌類
 (黒コウジカビ、毛玉カビ、青カビなど)
・酵母菌
 (カンディダ菌、パン酵母など)
一ヵ月後の検査プレート
抗菌処理前
抗菌処理1ヵ月後
施工前の検査プレート
福井県越前市立K保育園の砂場での実地試験
トップページへ戻る
「抗菌砂 砂クリーンAg+」INDEXへ戻る
協和化学株式会社